話を少し戻す。

音楽へのこだわりも無く兄貴の持っていたテープを聴きあさったわけだが、その中にレッド・ツェッペリンがあった。兄貴の音楽センスへの信頼も無く、まだいろんな音楽を適当に楽しんでいたんで、まだその中の気持ち良い音楽の1つという感じだった。家にあったステレオの低音が弱いというのも、ロバート・プラントに馴染めな
いというポップス慣れした人なら誰もが思うだろう事も、その理由の1つだったのかもしれない。

その後、ギターを買ってストーンズを聴きだした頃から、それまで聴いていたバンドのほとんどが一気に詰まらなくなっていった。世間で流行り出したコミックバンド、V系的なもの、そしてメタル的なものには嫌悪感さえ感じる事が多くなった。

そんな中、ツェッペリンが絶対的な存在感を発し始めた。これは自分で買って新しく出会った「プレゼンス」「永遠の詩」の音が最高だったというのと、ギターで弾いた時に気持ち良すぎるリフだらけだったからだと思う。

たまたま家にツェッペリンがあった‥‥なんて理由じゃなく、もっと何か劇的な出会いが欲しかった‥‥なんて下らない事を思った時もあった(笑)。


つづく‥‥と思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加


【日記の最新記事】
posted by よしの | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。